鳥取城北高校部活動方針

鳥取城北高等学校 部活動に係る方針

1 目標

(1)部活動は、学校教育の一環として実施する。

(2)「鳥取県運動部活動の在り方に関する方針」を参考に実施する。

(3)鳥取城北高等学校教育理念を基底に、自主・自律・自覚・実践・自治のできる人材を育成する。

(4)各顧問が各部活動の活動計画表を作成し、生徒が見通しを持って主体的に活動できるようにする。

(5)オフシーズンを明確にして活動する。

(6)顧問は、適切な指導及び事故防止を徹底する。

2 活動について

(1)休養日

・原則として、週1日以上とする。※別紙「活動計画表」参照。

(2)練習時間

・原則として、学期中の練習時間は長くても平日は3時間程度、学校の休業日は4時間程度とする。(但し、移動時間は含まない。)

(3)参加する大会

・原則として、高体連、高文連主催、共催の大会とする。

・その他の大会への参加については、本方針の趣旨を踏まえ、校長が許可した場合のみ認める。

(4)その他

・定期考査の1週間前(土日含む)は原則部活動を行わないこととする。

・長期休業中の部活動休養日の設定は、学期中に準じた扱いを行う。また、競技の実情に応じて休養日を設定する。

・週末に大会等で活動した場合は、部活動休養日を他の曜日に振り替える。

3 部の運営について

(1)体罰等、不適切な指導の禁止について

・部活動顧問、外部指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰等を正当化することは誤りであり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰等の無い指導に徹する。

(2)保護者との連携・協力について

・年度当初に、顧問は保護者に対し、指導方針、活動計画、休養日、活動時間等を示し、理解を得た上で活動する。

・遠征・合宿等の案内は1ヶ月前に行うようにし、特に費用が伴う場合は早めに案内をする。又、できる限り保護者への負担が少なくなるよう計画を立てる。

・必要に応じて、保護者会を開催する。

(3)熱中症による事故防止について

・「熱中症予防運動指針」等を参考に、猛暑の中での活動は控えるなど適切な対応を取るよう努める。

※この規則は平成31年4月1日より実施する。