保護者の方へ

特別な3年間のために

生徒が夢と希望を持って歩むことができる特別な3年間をサポートします

校長メッセージ

校長 石浦 外喜義

私たち鳥取城北高校は、生徒・保護者・教師がともに幸せになれる教育をめざしています。
そのために、私たちは「一生に一度しかない、三年間がある。」の言葉を胸に、鳥取城北高校での一生に一度しかない三年間が、他のどこにもない特別な三年間となるよう、生徒一人ひとりのために何ができるのかを考え行動することを大切にしています。
そして、夢や目標を持ちがんばる生徒たちが、その夢を叶え、目標を達成した時に喜び涙を流す瞬間をともに迎え、卒業というゴールを迎えた時に、生徒だけでなく保護者の皆様からも「鳥取城北高校で本当に良かった!」と言っていただけるよう、教職員一丸となって一人ひとりの生徒を全力でサポートしてまいります。

校長 石浦 外喜義

Team TOTTORI JOHOKU

鳥取城北高校は、教員も熱い!生徒の夢を応援する教員一人ひとりにも、強い想いと夢があります。鳥取城北高校の教職員は、一致団結して『Team TOTTORI JOHOKU』として生徒の夢を全力でサポートします!!

生徒の夢を全力サポート!

 

生徒の保護者アンケート

保護者の皆様からの声を真摯に受け止め、「鳥取城北高校でよかった!」と言っていただけるよう、より良い学校作りをめざしています。そんな中で実施した保護者アンケートの内容をご紹介いたします。

鳥取城北高校に入学して良かったと思うこと

  • 様々な仲間がいて、楽しく勉強できているようです。
  • 娘も言っていますが、制服が素敵なのもとても良かったです。デザイン、色がすごく品が良くて気に入っています。
  • 遅刻指導や服装指導に力を入れておられるので、生活面での規律ができていいと思います。
  • 「5つの誓い」は、とても良いと思う。また、先生と生徒がひとつになっている感じがする。
  • 部活動が盛んで先生方がとても熱心です。先輩方もとても良い方ばかりらしく、その辺の指導がとても素晴らしいと思いました。
  • 学校に活気があり、学力だけでなく人間力も伸ばそうと努力していただいている点。
  • 中学校の時はどうなるか心配でしたが、城北高校に来て明るくなりました。
  • 生活の中心が部活動(駅伝)ですが、部活動をしているので生活にメリハリが出て、生き生きと学校生活を送っています。
  • 個人個人の学力や能力は違いますが、その違いを認めて指導してくれているところ。
  • 学校と保護者で子どもを育てていくという校風に感銘を受けています。
  • 昔はたいした学校ではないとの評判でしたが、近年学校としての取り組みなど、他校よりすぐれている所が多々あるように聞きますし、実際にそう思います。志学コースでも「勉強、勉強」ばかりでなく、精神的なフォローもしていただいている点も良いと思います。
  • 子どものことをしっかり把握してくださっていて、懇談などで的確に指摘していただける。
  • 土日でも自習室を開けてくださっている。家ではだらけてしまいがちなので学校に行くことによって生活リズムが整っています。
  • 担任・部活動の先生が子どものことをよく理解してくださっていて、子どもも先生のことを信頼しているようなので安心しています。
  • 苦手な科目も先生方の上手な指導で成績が上がったようです。
  • 兄の時にも思っていたが、学校の雰囲気がとても良い。先生と生徒の距離も近く、卒業後の進路のことも最後まで熱心に考えてくださり信頼できる。また、先生や事務の方の対応がとても丁寧で親切だと感じます。
  • 城北に行きたいという中学生が多く、話を聞いていて嬉しく思います。
  • とにかく挨拶が良い。日頃のご指導の成果だと思います。それが様々なところに反映されていると思います。
  • 先生が親身になって相談に乗ってくださり、子どものやる気を評価してくださる。大変感謝しております。
  • 子どもが楽しんで積極的に学校生活に取り組めているところ。先生方が親切で熱心に子どもに関わってくださっているところ。先生方が誇りを持って仕事をされているところ。
  • 部活もしっかりやっているようだし、寮生活で少しは自立できたように思う。
  • 受験をはじめ様々な提案を先生方がしてくださるようで、子どもの話を聞いていて嬉しく思います。公立高校ではそうはいかなかったと思います。
  • 入学してから、生き生きとしていろんなことに意欲的に挑戦している。
  • 学校側のサポートを、いろんな面で感じる。
  • 毎日楽しそうで、好きなことに専念できる環境なんだと思いました。