寮における食中毒について(ご報告)

【PDF版】『寮における食中毒について(ご報告)』はこちらから

 

***

 

寮における食中毒について(ご報告)

 

新緑の候、保護者の皆さまにはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、日頃より本校の教育活動にご理解ご協力をいただき、お礼申し上げます。

去る5月4日、本校の寮生の食事において、ノロウイルスによる食中毒が発生いたしました。80数名の生徒が病院を受診し、一時、18名の生徒が入院いたしましたが、いずれも症状は快方に向かっており、ほとんどの生徒が退院いたしました。

鳥取市保健所の調査によりますと、食堂(城北横丁)を運営していただいているNPO法人「フェリース」提供の食事が原因であると判断されました。そのため食堂は5月6日から5月10日まで営業停止となりました。

本校では、保健所の指示を受けながら食堂、寮、校舎内の消毒を実施するとともに、生徒及び職員の手洗い等を徹底するよう指導しております。また、NPO法人「フェリース」と協力し、再発防止に努めてまいります。

生徒、保護者の皆さまに対し、ご心配をおかけしましたことをお詫びするとともに、今後とも本校の教育に対し、ご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。

 

***

 

5月8日の1年生の出校日につきましては、予定通り実施いたしますが、寮生につきましては、寮待機(出校させない)とさせていただきます。

 

***

 

【PDF版】『寮における食中毒について(ご報告)』はこちらから