支え、励まし、共に成長!*1年志学コース初期指導合宿*

 2017年4月11日(火)から本日13日(木)まで、志学コース3クラスと、普通コース1クラスが合同で初期指導合宿を行いました!

  

 2日目に行われた進路LHRは、進路部長でもある矢部教頭先生から。
 「キミたちのやる気スイッチを探すのは担任の先生をはじめ、鳥取城北高校の先生たち。でも、やる気スイッチを押すかどうかを決めるのはキミたち自身。そのスイッチを早く押すことができれば、夢や目標に早く近づける」との話がありました!

  

  

 続いて行われたのは、志学コース主任の田中将省先生を講師に招いてのコンセンサスゲーム!
 コンセンサス、つまり、合意。
 みんなで話し合い、ひとつひとつ合意をしていく中で最善の答えを導き出すというこのゲーム。
 その中で、自分が出した答えとチームの仲間が出した答えを照らし合わせながら、積極的に意見を出し合う生徒たち。
 ゲームの中で、コミュニケーション力の大切さ、協力することの大切さを感じたことと思います!
 そして、優勝チームには、田中将省先生が顧問を務める、ものづくりの部活動、ファ部特製の世界に一つしかないフィギュアの引換券がプレゼントされ、みんなから「えーいいなあ!」の声と、大きな拍手が送られました!

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 続いて行われた英語の研修では、はじめに前川先生から、担任をするF1-6の合言葉でもある、「1年生は、3年生より大事」の言葉と、これからはじまる英語の授業で大切にすること、やっていくことが伝えられ、先ほどまでの楽しそうな雰囲気から一転、生徒たちの表情と教室の空気がきりり!

  

  

  

 山根正樹先生に引き継がれた研修では、英単語を覚える際に、どこに注目したらより楽しく、より効率よく英単語が覚えられるかがちょっとだけ伝授され、「英語ってなんか楽しいかも~」の空気と、嬉しそうな生徒の笑顔を見ることができました。

   

  

  

  

 
***

 3年間支え合い、励まし合い、共に成長できる仲間を作ることも、この合宿の大事な目的のひとつ!
 初めての合宿でちょっぴり不安もあったことと思いますが、自分の周りにはいつも一緒にがんばる仲間がいて、そばには支えてくれる先生たちがいることがわかった今回の初期指導合宿。
 生徒たちの顔が、「鳥取城北高校でがんばるぞ!」の、鳥取城北生の顔になったように感じられました!
***
 明日は、1年生初期指導合宿の〆として、ノリノリのスポーツ科学コースの合宿の様子をお伝えします!どうぞお楽しみに!