入学式2018 その1

 2018年4月7日(土)、384名の新入生を迎え、第56回鳥取城北高校入学式が挙行されました!
***
 式典の前には、放送部の生徒から鳥取城北高校オリジナルスクールソング『僕らの未来はこの手の中にある』が紹介され、ムービーの最後には「一生に一度しかない三年間をともに創っていきましょう!」のメッセージ。
 先輩たちのキラキラ輝く姿がちりばめられたムービーに、新入生のみんなから大きな拍手が送られ会場は温かな雰囲気に。
 その会場を包み込むように、吹奏楽部の竹田先生の指揮で吹奏楽部の生徒たちが歓迎の演奏を奏で、晴れやかな気持ちで入学式が開式。
***
 石浦校長先生からの式辞では、
「鳥取城北高校での三年間で、それぞれがそれぞれの色の大輪の花を咲かせてほしい。そのために先生たちは皆さんを支える支柱となり、成長のための肥やしにもなります。一生に一度しかない三年間をともにがんばりましょう!」との言葉が送られました。
***
 新入生誓いのことばでは、
「鳥取城北高校のルールを守り、鳥取城北生としての誇りを持って三年間を過ごします」との言葉がはきはきと伝えられ、チーム鳥取城北のひとりとして背筋が伸びるような気持ちに。
 そして、石浦校長先生から手が差し出されると、それまでのちょっぴり緊張した表情がたちまち笑顔になり、がんばります!と握手。
 その誓いのことばと笑顔に、改めて384名の新入生を迎えることができたことを心から嬉しく思いました!
***
 『校歌演奏』では、すでに練習を開始している硬式野球部の生徒たちが大きな声で『校歌斉唱』!
 その元気いっぱいの歌声と嬉しそうな笑顔に、これからの3年間への期待で胸がいっぱいになりました!
***
 入学式のあとには新入生歓迎会が行われ、1学年主任の岸田先生が各クラス担任の先生を紹介し、それぞれの先生が「よろしくお願いします!」。
 生徒会長からの挨拶では、「一緒に最高の三年間を作りましょう!」のメッセージが伝えられ、新入生のみんなから大きな拍手が送られました!
***
 応援・チア部の生徒からは、壮行会や野球応援でもおなじみの『大進撃』と、鳥取城北高校の応援歌が送られ、締めの、「がんばれがんばれJOHOKU!」に続いて、「がんばれがんばれ新入生!」と、力強いエール!
 山本徹先生指揮による吹奏楽部の演奏では、スポーツアニメのメドレーが軽快に奏でられ、その音色に気持ちがワクワク!
 書道部は、ゆずの♪かけるに合わせて心を揺さぶるような書道パフォーマンスを披露し、部長から、「ここにいるすべての仲間と一緒に、一生に一度しかない三年間を最高の三年間に!」の熱い思いが伝えられると、新入生、そして保護者の皆さんから大きな大きな拍手が送られました!
***
 新入生の皆さん、今日の入学式はいかがでしたか?
 これまでと違う環境、まだ知らない仲間との出会いに緊張もあったことと思います。
 明日はゆっくり休んで、新校舎での新生活の準備をしてくださいね。
 そして、月曜日には、ピッカピカの新校舎で皆さんのピッカピカの笑顔に会えるのを楽しみにしています!
 チーム鳥取城北の先生たちもピッカピカの笑顔で皆さんのことを迎えます!
 それでは、月曜日に会いましょう!
***
 最後になりましたが、生徒たちの門出を祝ってださいました、出身中学校の先生方をはじめ多くの来賓の皆様に心より感謝申し上げます。
 これから始まる鳥取城北高校での3年間、私たち鳥取城北高校すべての教職員が一丸となってお預かりした生徒たちを育てて参りますので、今後とも新入生384名を温かく見守っていただきますよう心よりお願い申し上げます。
 本日は誠にありがとうございました。