【中国予選】女子ソフトボール部優勝! その1

【2019年4月26日(金)】
4月21日(日)、ソフトボール中国予選の決勝戦が行われ、鳥取城北高校女子ソフトボール部が6年連続9度目の優勝を飾りました!
***
この日は県内各会場で中国予選が行われ、米子のどらドラパークにある多目的広場では女子のソフトボール、市民体育館では男女のバスケットボールの準決勝と決勝戦が行われ、朝からあっちの応援、こっちの応援と行ったり来たり!
予定では12時30分から女子ソフトボールの決勝でしたが、決勝戦の開始時刻が遅れ、試合開始が男子のバスケットボールの決勝とほぼ同時刻に!
ソフトボールの試合を見ながら、バスケットボールの応援に来ていた冨田先生に、「男子の前半が終わったら連絡ちょうだい!」とメールをして試合を見ていると、4回表1-3となり、なおもピンチの場面で「男子バスケ前半終了しました!」のメールが届き、応援に来てくれていた卒業生に「試合経過報告して!」と伝え、勝利を信じてバスケットボールの会場へ!
その後、男子のバスケットボールの決勝が終わり、女子の試合が始まった直後、「4-4です!」のメールが届き、「いま7回の裏、ランナー3塁です!」のメールに、「勝て!」のメールを送って1分後、「勝ちました!5-4で勝ちました!」と、サヨナラ勝ちのメールが届き、「やった!いま行く!」とメールを打ちながら大急ぎでソフトボールの会場へ!
***
そして、閉会式が終わり、優勝旗を手にした3年生に、「よく勝ったなあ、おめでとう!」と声をかけると、「ぜんぜんダメでした」、「ぜんぜん勝ててないです」、「もっとがんばらないと」と反省しきり。
その後、新チーム初優勝の写真を撮るぞ!と言うと、ようやく笑顔になった生徒たち。
その「勝てたけど・・・」の思いがまじる、いつもよりちょっぴり控えめな笑顔に、この試合で感じた勝つことの難しさと見つけた課題、そして、苦しい中勝利をつかみ取った自信、そのすべてを新チームのチカラにして、全員でインターハイへの切符をつかんで、最高の笑顔を見せてほしいと思いました!
***
☆女子ソフトボール 中国予選の結果☆
【決勝戦】☆6年連続9度目の優勝!☆
米子松蔭 0012010 4
鳥取城北 0103001× 5
***
最後になりましたが、今大会におきまして生徒たちへ熱い声援を賜り誠にありがとうございました!
1ヶ月後の県総体では最高の笑顔が見られるよう、鳥取城北高校女子ソフトボール部の生徒たちへ、さらなる熱いご声援を賜りますよう心よりお願い申し上げます!
***
明日からの10連休、各部活動は県総体での勝利をめざし遠征や合宿へ!
そして学校では、『GWで差をつけろ!平成31年~令和元年!GWサポート!』と題し、各教科で特別講座を開講!
それぞれが、それぞれの場所で、がんばる仲間の姿を思い浮かべながら、有意義な10日間を過ごしてほしいと思います!
***
☆春季県高校野球大会 準々決勝のお知らせ☆
4月27日(土)大会3日目 第1試合 10時試合開始予定
vs鳥取中央育英高校