日本海駅伝を終えて

10月6日(日)、全国の強豪が集う日本海駅伝が開催されました。

今年の参加チームは132チームと例年に増して多く、気象条件も良く、本校選手たちの実力試し・夏の走り込みの成果の確認として最高の舞台でした。

 

結果は以下の通りです。

 

Aチーム

区間

距離

選手名

学年

タイム

区間順位

県内区間順位

1

10km

林本 涼

3

31'34"

65

4

2

3km

脇田 力

3

9'06"

60

2

3

8.1075km

田辺 恒大

3

25'15"

37

1

4

8.0875km

濵橋 雅幸

3

26'22"

63

2

5

3.1km

別所 響

2

9'36"

43

1

6

4.9km

帰山 開智

2

15'13"

40

2

7

5km

湯栗 康平

2

16'48"

103

4

 

42.195km

   

2時間13分56秒

   

 

Bチーム

区間

距離

選手名

学年

タイム

区間順位

県内区間順位

1

10km

岩田 真之

1

31'39"

72

5

2

3km

竹内 駿介

1

9'18"

82

5

3

8.1075km

中村 拳士郎

1

26'58"

92

4

4

8.0875km

辰巳 堪一

1

27'08"

91

4

5

3.1km

萩原 佑太

1

10'11"

96

5

6

4.9km

山口 月暉

1

15'34"

68

3

7

5km

山本 陽介

1

16'31"

87

3

 

42.195km

   

2時間17分19秒

   

 

Aチームは惜しくも県内優勝を逃しましたが、ご覧の通り、A、Bチームに戦力を分配してのレースでしたので、経験・実力を試すという意味で非常に有意義なものでした。選手たちは個々によく頑張ったと思います。特に1年生だけで構成するBチームの健闘は、1、2年後のチーム運営を考慮すると貴重な経験となるでしょう。

 

 

 

Aチーム2区を走った脇田 力(3年)

鳥取県高校総体800m優勝、1500m2位、そして沖縄インターハイの800mに出場と、実績ある選手であり「チームの顔」の一人です。三年生最後の駅伝シーズンで、ここから尻上がりに調子を上げ、今後増々の活躍に期待です。

 

 

 

チーム内で区間順位が最も良かったのは、Aチーム3区の田辺 恒大(3年)

全国高校駅伝を1年、2年と連続出場している実力ある選手です。毎年脚の故障に悩まされていましたが、今シーズンは春先から順調に練習をこなし、この駅伝シーズンは快走が続きそうです。

 

 

直前の発熱・体調不良にも関わらず、上手に調整等を行い責任を果たしたAチーム6区 帰山 開智(2年)

9月初旬に行われた湖山池マラソン 10kmの部では3年生を全員抑え、優勝しました。昨年全国高校駅伝の選手に選ばれなかった悔しさから、誰よりもストイックに練習に励んでいます。

 

 

 

1年生で最も力を発揮したのはBチーム1区 岩田 真之(1年)

チーム内トップクラスのラストスパートの強さを持つ岩田、最長区間の1区に抜擢されました。日々の練習では3年生に追いつき・追い越せで自らの殻を破ろうと一生懸命走っています。地元開催の大会で冷静にペースを刻み、Aチーム林本(3年)に5秒差に迫る快走でした。

 

 

Bチーム区間順位トップは6区 山口 月暉(るな)(1年)

夏場の走り込みは、1年生ながら驚異的な練習消化率で非常にタフな選手であり、新人戦3000m障害で初レースにも関わらず準優勝をするなど、スピード・スタミナのバランスの優れた選手です。これから夏の走り込みの成果が出て、さらに強くなっていくことでしょう。

 

また、Aチーム5区では別所 響(2年)が県内区間賞を奪う好走を見せ、Bチーム5区では直前の選手交代にも関わらずしっかりと対応力を見せた萩原 佑太(1年)の活躍が見られました。マネージャーや付き添いのサポートを含め「全員駅伝」と言うにふさわしいレースだったと感じています。

 

 

 

...しかし、私たちが目指しているのは全国高校駅伝で1秒でも上を目指すことです。そのためには、11月3日の県高校駅伝で優勝することが当面の目標となります。この日本海駅伝で得た課題にしっかりと向き合い、克服し、チームレベルを高めていきたいと思っています。

 

次戦は鬼太郎駅伝です。10月14日(月)開催のこの駅伝では、県高校駅伝と同じ境港マリンマラソンコースを走ることが出来ます。A,Bチームの2チームが出場いたします。普段から応援していただいている皆さまに感謝をし、精一杯走りタスキをつなぎたいと思います。

 

 

※マネージャー達がこの大会に向け選手たちにお守りを作ってくれていました。ありがとう!

 選手たちの奮起につながりました。

 

※学校Facebookで当日の写真が見れます。

 https://www.facebook.com/tottorijohoku/posts/2466529603429690