【陸上競技部】第30回中国高等学校新人陸上競技対校選手権大会

10月9日~10日、松江市営陸上競技場で第30回中国高等学校新人陸上競技対校選手権大会が行われました。10月とは思えないほどの暑い2日間となりましたが、来年のインターハイ出場に向けて、1,2年生が中国地区の強豪選手を相手に戦いました。1年生の岩井光大が3冠に輝いたほか、女子走り幅跳びでも1年生の谷口陽向が自己記録を更新して優勝しました。

 

男子総合 3位 男子トラック 3位

男子200mで岩井光大(614)が優勝して三冠獲得。大谷(615)も4位入賞!

(男子100m)-0.5

1位 岩井光大(1年) 10”92

2位 大谷悠真(1年) 11”01

(男子200m)-0.7

1位 岩井光大(1年) 21”78

4位 大谷悠真(1年) 22”17

(男子4×100mR)

1位 鳥取城北【永田(1年)、大谷(1年)、岩井(1年)、近藤(2年)】 41”65

(男子走幅跳)+1.2

8位 大田丈(2年) 6m57

(男子三段跳)+1.0

7位 山根玲斗(2年) 13m24

(男子やり投)

7位 児玉旺汰(2年) 49m42

(女子800m)

8位 土橋日菜子(1年) 2’23”70

(女子4×100mR)

4位 鳥取城北【氏家(2年)、小林(2年)、黒岩(2年)、門脇(1年)】 48”65

(女子走幅跳)+1.6

1位 谷口陽向(1年) 5m71
​​​​​​